H&M原宿店は若年層がメインターゲット

日本進出1号店が銀座7丁目でH&M銀座店を9月13日にオープンさせた、スウェーデンのヘネス・アンド・モーリッツh&mが原宿の明治通り沿いにH&M原宿店を銀座店の約1.5倍の売り場面積となる約1,500平方メートルで11月8日にオープンです。
H&M銀座店に続く第2号店のH&M原宿店は、若者の集まる原宿の中でも明治通り沿いということで、トレンドを取り入れてはいるがベーシックなラインが中心のH&M銀座店に対して、メインターゲットを若年層にし、ストリートやクラブファッションなどから最新のトレンドを取り込み海外のH&Mの店舗でとても人気があるティーン向けのライン「DIVIDED」を日本に初登場させます。

H&M原宿店がオープンする原宿には、スペイン発の「ZARA(ザラ)」やアメリカ衣料チェーン大手「GAP」などが出店しており、H&M原宿店から目の先の「ラフォーレ原宿」にはロンドン発の人気衣料チェーンの日本直営店「TOPSHOP/TOPMAN(トップショップ/トップマン)」がラフォーレ原宿で出店しています。
次々とトレンドを取り入れ、低価格帯で提供するファストファッション商戦の激突で選択肢が広がりますね。

>>H&Mブラウスを見る



タグ:H&M 原宿

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。